長野県南信工科短期大学校 | 新しい学び、高まる自分

21名の学生が技能士(国家検定資格)を取得しました

21名の学生が技能士(国家検定資格)を取得しました

2021.04.01

21名の学生が技能士(国家検定資格)を取得しました

3月19日に、令和2年度の技能検定の合格発表がありました。
技能検定とは、働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度で、試験に合格すると技能士の称号が与えられます。また、技能検定は、長野県技能競技会を兼ねており、技能検定合格者のうち実技試験成績優秀者は長野県知事(1位)または、職業能力開発協会長(2位、3位)から表彰されます。
新型コロナウィルスの影響で試験が中止になった職種があり、例年よりも合格者は少ないものの、延べ21名の学生が合格しました。さらに、実技試験成績優秀者として5名(知事賞2名、職業能力開発協会長賞3名)の学生が表彰されます。
合格者の詳細は、以下のとおりです。

3級機械加工技能士(普通旋盤作業)   13名(1位、3位)
3級機械加工技能士(数値制御旋盤作業 )3名(1位、2位、3位)
2級機械保全技能士(機械系保全作業) 4名
2級機械保全技能士(機械系保全作業)  1名