長野県南信工科短期大学校 | 新しい学び、高まる自分

数値制御旋盤2級取得に向けた訓練を始めました

数値制御旋盤2級取得に向けた訓練を始めました

2021.05.07

数値制御旋盤2級取得に向けた訓練を始めました

機械システム工学科(機械・生産技術科)の授業で、国家資格である数値制御旋盤2級取得に向けた訓練を始めました。

技能検定とは、働く上で身に付ける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、試験に合格すると技能士と名乗ることができます。また、技能検定は、長野県技能競技会を兼ねており、技能検定合格者のうち実技試験成績優秀者は長野県知事(1位)または、職業能力開発協会長(2位、3位)から表彰されます。

今年度は、4人の学生が資格に挑戦します。

実技試験合格には、図面通りに製品を加工する能力だけでなく、製品を安全かつ能率よく加工するための計画を立案する能力も求められます。これに加えて学科試験にも合格することで資格を取得することができます。
南信工科短大は、プログラム作成と製品加工のために必要な設備を備えています。授業内に加えて放課後にも訓練をすることができます。

受験者全員の合格と、表彰を目指して訓練を頑張ります。

数値制御旋盤2級取得に向けた訓練を始めました